ちびまるこ。今日も見て笑った。隨分前も、たまに暇つぶしで見たことあったが、女の子向けの漫畫でほとんど見なかった。こち亀は良く見た。

櫻桃小丸子,今天也把我看笑了。很久以前也偶爾閒著沒事看過,因為是少女向漫畫以前幾乎沒看過,倒是常看烏龍派出所。

存在感の無い適當な亭主

口うるさくてやさしいお母さん

孫にやたら優しく、ちょっとぼけたじいさん

しっかりした靜かなおばあさん

年相応に成長しているしっかりものの姉

親友のたまちゃんを含む個性の強い級友

様々な近所の人と級友の家庭の大人たち

毫無存在感的隨意的爸爸

婆婆嘴的溫柔媽媽

過分寵愛孫女有點呆的爺爺

穩重而安靜的奶奶

有著合乎年齡的成熟感的姐姐

好朋友阿玉等個性強烈的同學

街坊各閒雜人等和同學家裡的大人們

なかなか人間関係がよく構成されている。ちびまるこは、ぐうたらで、サボりたがりやで、おじいちゃんにあまえ利用するすべを心得ている。欲は強い、おっちょこちょいで小心者だ。強い物には弱く、結構打算的で時に悪巧みもする。そのくせ計算もせず適當に行動し失敗する。人の話に乗せられたり、流行を追いやすい。

人際關係構成實在是相當完善。小丸子吊兒郎當、老想偷懶,還精通跟爺爺撒嬌來利用的訣竅。她慾望強烈,卻冒失而小氣。面對強者就軟下來,還經常打小算盤,有時會耍些詭計。而且不考慮就馬虎行動而遭致失敗。容易人云亦云,也愛追流行。

癖のある級友や生活でぶつかり合う姉との駆け引きの解決や學校の宿題に日々頭を悩ます。ときには理不盡なことも起きる。最後は、まるこの行動にお母さんが雷を落とすことが多い。

小丸子每天都頭疼於與性格各異的同學打交道、與和自己起衝突的姐姐討價還價、以及學校的功課,有時也會有蠻不講理的事情發生,不過小丸子的行為最後常以媽媽發火而告終。

お母さんは裁判官で、さくら家のルールが変な方向にならぬよう常識的感覚で取り仕切っているのだ。かと思うと、家族みんなで落膽する表現もある。今日も、まるこがお姉さんの初めて作るポテトサラダにちょっかいを出し失敗して大量のポテトサラダが出來上がり、一家全員ポテトサラダを何日も食べるはめに。

媽媽是家裡的法官,為了不讓櫻家的規矩朝不好的方向發展而隨時以常識感覺來掌控全局。儘管如此,還是有讓全家人都鬱悶的時候。今天也是,小丸子插手姐姐第一次做的土豆沙拉,結果失敗而留下大量土豆沙拉,害的全家好幾天都只能吃這個。

懐かしくほほえましいい昭和の家庭像がよく描かれているが、人間関係や心理の動きは今も変わりない。思い起こせば自分も子供の頃、そんなことしたなと思う。狀況を変え人間関係を置き変えるといろんな場面に適合しそうだ。人社會の構造の本質は昔から変わっていないのかもしれない。

讓人懷念而忍俊不禁的昭和時代家庭形象躍然紙上,其人際關係和心理動向至今依舊。回想起來好像自己小時候也做過那些事呢。如果把情況變動一下再改下人際關係,很多情景都能對號入座。可能人類社會的構造本質歷來就沒有變過吧。

 資料來源:http://edu.qq.com/a/20131211/011757.htm

創作者介紹

河馬日語學習及說看日本異想空間

clovertalk 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()